六甲(読み)ろっこう

  • ろっこう ロクカフ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 六十干支中、甲(きのえ)のつく六つ、甲子・甲戌・甲申・甲午・甲辰・甲寅をいう。また、六甲は六十干支を統(す)べるというところから、六十干支の別称。
※中右記‐天永二年(1111)九月一七日「長者殿当御年、白虎三伝共凶将也、凡甚慎重、就中六甲撰本文、貴人必有恐之由顕然也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六甲の関連情報