松丸 志摩三(読み)マツマル シマゾウ

20世紀日本人名事典の解説

松丸 志摩三
マツマル シマゾウ

昭和期の農民教育家,農業評論家,畜産学者



生年
明治40(1907)年8月19日

没年
昭和48(1973)年11月7日

出生地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
東京帝国大学農学部獣医学科〔昭和7年〕卒

経歴
朝鮮の農業学校教諭、朝鮮総督府畜産技師、昭和18年まで同畜産課長を務めた後、千葉県本納町に疎開、29〜43年静岡県函南村に、没年まで宮崎県高鍋町茶臼原台地に住み、村づくり運動や自治体農政への助言、新生活運動の推進など、農民教育と農村の実情に即した評論活動を展開した。中でも22〜30年岩手県江刈村では中野清見村長のブレーンとして半常駐し、新しい村づくりに献身、注目された。著書には農村の実態を踏まえた専門的なものが多く「農民は都会人にうったえる」「農民教育の焦点」「日本農業物語」「家畜の歴史物語」「日本馬物語」「農業の魔術」「青年運動と生産活動」「農民はいま何をなすべきか」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松丸 志摩三 (まつまる しまぞう)

生年月日:1907年8月19日
昭和時代の農業評論家
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android