コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松兄 しょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松兄 しょうけい

1767-1807 江戸時代後期の俳人。
明和4年生まれ。名古屋正覚寺の住職加藤暁台(きょうたい),井上士朗にまなぶ。「なゝしぐさ」は,子の竹丸が松兄の遺稿をまとめたもの。文化4年7月25日死去。41歳。法名は義海。別号に木犀居。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松兄の関連キーワード東和(宮城県)赤松源右衛門中島秋挙徳川家継徳田椿堂俳人