コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上士朗 いのうえ しろう

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐しろう〔ゐのうへシラウ〕【井上士朗】

[1742~1812]江戸中期の俳人・医者。尾張の人。名は正春。別号、枇杷園(びわえん)。俳諧を加藤暁台に学び、国学や絵画にも通じた。著「枇杷園七部集」「枇杷園随筆」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上士朗 いのうえ-しろう

1742-1812 江戸時代中期-後期の俳人。
寛保(かんぽう)2年生まれ。名古屋の産科医。加藤暁台(きょうたい)にまなび,その高弟として活躍,蕪村(ぶそん)門など他派にもおもんじられた。鈴木道彦,江森月居(げっきょ)とならんで寛政の三大家のひとり。文化9年5月16日死去。71歳。名は正春。通称は専庵。別号に枇杷園(びわえん),朱樹叟(しゅじゅそう)。句集に「枇杷園句集」,編著に「麻刈集」など。
【格言など】足軽のかたまつて行く寒さ哉(「竪並(たてのならび)集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上士朗

没年:文化9.5.16(1812.6.24)
生年:寛保2(1742)
江戸中・後期の俳人。初号支朗。別号,枇杷園,朱樹叟。尾張(愛知県)守山の人。名古屋新町の町医井上家の養子となり,3代目を継ぐ。通称正春,医の号は専庵。俳諧を加藤暁台,国学を本居宣長,絵画を勝野范古,平曲荻野検校に学び,医者としても城下一の評判があった。俳諧では,「尾張名古屋は士朗(城)で持つ」と俗謡にうたわれ,夏目成美,鈴木道彦と共に寛政三大家のひとりとして重んじられた。編著は『枇杷園句集』(1804),『枇杷園句集後集』(1808),『枇杷園随筆』(1810),『枇杷園七部集』(1~5編)に収められる。<参考文献>市橋鐸「井上士朗」(明治書院『俳句講座』3巻)

(加藤定彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いのうえしろう【井上士朗】

1742~1812) 江戸後期の俳人。尾張の人。別号、枇杷園びわえんなど。名古屋の産科医。加藤暁台きようたいの門人。連句に長じ、また国学・絵画・平曲にも通じた。著「枇杷園七部集」「枇杷園随筆」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上士朗
いのうえしろう

[生]寛保2(1742).尾張,守山
[没]文化9(1812).5.16. 名古屋
江戸時代後期の俳人。本名,正春。別号,専庵,松翁,支朗,枇杷園,朱樹叟。名古屋の町医者で,国学,絵画,平曲,漢学もよくした。名古屋俳壇の中心人物。作風は温雅。編著『枇杷園句集』 (1804) ,『枇杷園随筆』 (10) ,『枇杷園七部集』 (11) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上士朗
いのうえしろう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の井上士朗の言及

【士朗】より

…江戸後期の俳人。姓は井上,名は正春。別号は支朗,松翁,枇杷園,朱樹叟など。尾張国守山の人。名古屋の町医井上家を継ぎ,専庵を名のり,産科医として有名であった。国学を本居宣長に,平曲を荻野検校に,絵画を長崎の范古に学び,漢学にもくわしく,幅の広い知識人であった。俳諧は名古屋の暁台(きようたい)に学び,同門の筆頭と目され,他門からも長者として重んじられ,一般の人々の間でも名高く,当時の俗謡にも〈尾張名古屋は士朗(城)で持つ〉とうたわれた。…

※「井上士朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井上士朗の関連キーワード永楽屋東四郎(初代)俳句(文学)小見山天老春日花叔三輪月底鶴田卓池竹内塊翁鈴木李東江森月居藤森素檗栗田樗堂中島秋挙渡辺岱青金森桂五桜井蕉雨岡田梅間相良窓巴高橋大蘇徳田椿堂森本沙鴎

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android