コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前勘解由 まつまえ かげゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松前勘解由 まつまえ-かげゆ

?-1868 幕末の武士。
蠣崎広伴(かきざき-ひろとも)の次男。蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩家老松前広当(ひろまさ)の家をつぐ。嘉永(かえい)7年ペリーの箱館(はこだて)来航の際,藩の応接使をつとめる。のち筆頭家老戊辰(ぼしん)戦争のおり正議隊(勤王派)の政変で職を追われ,慶応4年8月3日自刃(じじん)。名は崇効(たかのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松前勘解由

没年:明治1.8.3(1868.9.18)
生年:生年不詳
幕末の松前藩(北海道)藩士。蠣崎波響の孫。安政3(1856)年家老となり,藩主松平崇広を補佐する。明治1(1868)年,戊辰戦争が新政府軍に有利に進行するに伴い,藩内の帰順派から圧力を受け自刃。40歳を越えたばかりであった。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松前勘解由の関連キーワード下国安芸没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android