広幅(読み)ひろはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広幅
ひろはば

織物の略で,布地の幅の広い織物の総称。和服地では並幅 (約 36cm) より広いものを広幅または大幅といい,とりわけその2倍の幅 (約 72cm) の織物をさすことが多い。また洋服地では 147~150cm (58インチ) 幅の布地をさし,ダブル幅,全幅ともいう。この場合,和服地の広幅物に相当する幅をシングル幅または半幅ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひろ‐はば【広幅】

幅の広いこと。また、そのもの。
反物で、並幅の2倍の幅のもの。鯨尺で1尺9寸(約72センチ)の幅。大幅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろはば【広幅】

幅の広いこと。
普通の反物の倍の幅のもの。鯨尺一尺九寸(約72センチメートル)の幅。大幅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひろ‐はば【広幅】

〘名〙
① 幅の広いこと。また、そのもの。幅広。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「盲目縞の単衣に広幅の角帯
② 反物で、並幅の倍の幅であること。また、その反物。鯨尺で一尺九寸(約七二センチメートル)。大幅。広幅物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広幅の関連情報