広幅(読み)ひろはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織物で,布地の幅の広い織物の総称和服地では並幅 (約 36cm) より広いものを広幅または大幅といい,とりわけその2の幅 (約 72cm) の織物をさすことが多い。また洋服地では 147~150cm (58インチ) 幅の布地をさし,ダブル幅,全幅ともいう。この場合,和服地の広幅物に相当する幅をシングル幅または半幅ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

幅の広いこと。
普通の反物の倍の幅のもの。鯨尺一尺九寸(約72センチメートル)の幅。大幅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 幅の広いこと。また、そのもの。幅広。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「盲目縞の単衣に広幅の角帯」
② 反物で、並幅の倍の幅であること。また、その反物。鯨尺で一尺九寸(約七二センチメートル)。大幅。広幅物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android