広幅(読み)ひろはば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「広幅」の解説

広幅
ひろはば

織物で,布地の幅の広い織物の総称和服地では並幅 (約 36cm) より広いものを広幅または大幅といい,とりわけその2の幅 (約 72cm) の織物をさすことが多い。また洋服地では 147~150cm (58インチ) 幅の布地をさし,ダブル幅,全幅ともいう。この場合,和服地の広幅物に相当する幅をシングル幅または半幅ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「広幅」の解説

ひろ‐はば【広幅】

〘名〙
① 幅の広いこと。また、そのもの。幅広
※家族会議(1935)〈横光利一〉「盲目縞の単衣に広幅の角帯
反物で、並幅の倍の幅であること。また、その反物。鯨尺で一尺九寸(約七二センチメートル)。大幅。広幅物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「広幅」の解説

ひろ‐はば【広幅】

幅の広いこと。また、そのもの。
反物で、並幅の2倍の幅のもの。鯨尺で1尺9寸(約72センチ)の幅。大幅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android