コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

播磨国 はりまのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

播磨国
はりまのくに

現在の兵庫県南部。別称,播州山陽道の一国。大国。『旧事本紀』によれば,古くは針間 (はりま) ,針間鴨,明石の3国造があったという。古くから文明が開け,旧石器時代の遺跡もあり,縄文,弥生遺跡も広く分布している。大化改新後は,開墾作業が大規模に進められ,班田収授制の実施,律令に基づく諸施設の設置,山陽道と宿駅の整備などが活発に行われた。和銅6 (713) 年の詔により『播磨国風土記』が編纂されている。国府姫路市城東町。国分寺は姫路市御国野町国分寺。『延喜式』には明石,賀古,印南などの 12郡,『和名抄』には郷 99,田2万 1414町を載せる。鎌倉時代には梶原景時,小山朝政ら幕府の有力な御家人が守護となった。後期には北条氏の家督が守護となり,さらに六波羅探題兼補となった。南北朝~室町時代には赤松氏の守護領国となる。嘉吉の乱後,一時山名氏が守護となったが,応仁の乱が勃発すると赤松政則が再び回復。その後も戦乱は続き,天正5 (1577) 年に豊臣秀吉によって平定され,秀吉は姫路に城を築いた。関ヶ原の戦い後に徳川家康はここに池田輝政を封じた。慶長 18 (1613) 年輝政病没後,播磨国はその子利隆,忠継に分けられたが,彼らの移封後,江戸時代を通じて小藩に分割され幕末にいたった。明治4 (1871) 年の廃藩置県後,播磨全域は姫路県となり,次いで飾磨県に改められたが,1876年兵庫県に合併された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はりま‐の‐くに【播磨国】

播磨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

播磨国【はりまのくに】

旧国名。播州とも。山陽道の一国。現在の兵庫県の南西部。畿内に隣接するため,古くから開け,神話・伝説に富む。《延喜式》に大国,12郡。国府は現在の姫路市。中世は荘園が多く,室町時代に赤松氏が守護。
→関連項目鵤荘大部荘近畿地方兵庫[県]矢野荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

はりまのくに【播磨国】

現在の兵庫県西南部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で山陽道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は大国(たいこく)で、京からは近国(きんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の姫路(ひめじ)市におかれていた。平安時代から鎌倉時代にかけては院や摂関家(せっかんけ)、社寺の荘園(しょうえん)が多く、広大な土地を占めた。14世紀初頭から悪党(あくとう)の活躍がめだつようになり、赤松則村(のりむら)は1333年(正慶(しょうけい)2/元弘(げんこう)3)に悪党を結集して挙兵し、後醍醐(ごだいご)天皇の討幕に参加した。関ヶ原の戦いのあとは池田輝政(てるまさ)が姫路城を改築して支配した。その後は、姫路藩明石藩のほか、赤穂(あこう)藩など小藩と幕府直轄領、旗本領などに分割された。1871年(明治4)の廃藩置県により兵庫県と姫路県となったが、のち姫路県は飾磨(しかま)県と改称、1876年(明治9)兵庫県に編入された。◇播州(ばんしゅう)ともいう。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はりまのくに【播磨国】

旧国名。播州。現在の兵庫県西南部。
【古代】
 山陽道に属する大国(《延喜式》)で,その東端に位置した。明石,賀古,印南(いなみ),飾磨(しかま),揖保(いいぼ),赤穂,佐用,宍粟(しさわ),神崎,多可,賀茂,美囊(みなき)の12郡よりなる。国司四等官のうち大国にのみ置かれる大目(だいさかん)が712年(和銅5)に播磨国にいるので(《続日本紀》),8世紀初めより大国であったことがわかる。国府は《和名抄》によれば飾磨郡にあり,所在地はいまの姫路市で,姫路城の東または南東部と推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

播磨国
はりまのくに

現在の兵庫県の南部を占める旧国名。畿内(きない)の一国。播州(ばんしゅう)。東は摂津(せっつ)、北は丹波(たんば)・但馬(たじま)、西は因幡(いなば)・美作(みまさか)・備前(びぜん)、南は淡路の各国に境する。地域は北に中国山地、南に傾斜して瀬戸内海の一部の播磨灘(なだ)に臨む。川は中国山地から発し、東から明石(あかし)川、加古(かこ)川、市川、夢前(ゆめさき)川、揖保(いぼ)川、千種(ちぐさ)川などがあり、下流地域に播州平野が広がる。瀬戸内の寡雨地帯、気候温暖、地味肥沃(ひよく)で、京阪地帯に近接し、南部は水運の便に恵まれて、日本の先進地域となった。行政区画は、『延喜式(えんぎしき)』(927)に宍粟(しさは)、佐用(さよ)、赤穂(あかほ)、揖保(いひほ)、餝磨(しかま)、神崎(かむさき)、多可(たか)、賀茂(かも)、印南(いなみ)、加古、美嚢(みなき)、明石の12郡が存在していた。中世から近世にかけて、このうち、揖保郡は揖東(いっとう)・揖西(いっさい)の2郡、餝磨(飾磨)は飾東(しきとう)・飾西(しきさい)の2郡、神崎郡は神東(じんとう)・神西(じんさい)の2郡、賀茂郡は加東(かとう)・加西(かさい)の両郡に二分されて、16郡となった。現在では、相生(あいおい)、赤穂(あこう)、龍野(たつの)、姫路(ひめじ)、西脇(にしわき)、加西、小野、加古川、高砂(たかさご)、三木(みき)、明石の11市が市制を敷き、瀬戸内側に分布している。
 この地域は第二次世界大戦前、明石市西八木(にしやぎ)海岸で、更新世(洪積世)の化石人骨とされる「明石原人」が発見されたものの、いまだ学界一般の認めるところとなっていない。しかしながら播磨南部には無土器時代の遺跡がかなり分布しており、まとまって発見されている。これは、食糧資源の豊富と、石器原材の供給地が近くにあったこと、恵まれた風土・環境であったことを示す。縄文・弥生(やよい)時代に入ると、当地域にはその遺物・遺跡が広範かつまとまった形で分布していて、ことに南部低地に密集している。古墳時代に入っては、その分布から播磨の南東端に拠(よ)った勢力、加古川中流域の勢力、加古川下流域の勢力、市川・揖保川下流の勢力とがあったように思われる。大化改新に伴い国府は姫路市城東町に置かれた。6世紀の中ごろ公伝された仏教は聖徳太子の保護で広まったが、加古川・揖保川下流域に法隆寺の寺領が設けられている。国分寺および同尼寺は姫路市御国野町国分寺に設置されていた。こうして古代以来、姫路は播磨の政治や文化の中心地として中央との密接な関係を結び、班田収授の実施や開発も進められた。山陽道や海路の要衝にあたり、室津(むろつ)、魚住(うおずみ)などが瀬戸内航路の要津(ようしん)として栄えた。8世紀初めの地誌『播磨国風土記(ふどき)』は、この時代の歴史・地理を示し、民間伝承を多く伝えている。聖徳太子創建の斑鳩寺(いかるがでら)をはじめ、平安時代に入ると、書写山(しょしゃざん)円教寺(姫路市)、法華山(ほっけさん)一乗寺(いちじょうじ)(加西市)、御岳山(みたけさん)清水寺(きよみずでら)(加東郡社(やしろ)町)などの名刹(めいさつ)が建ち、『延喜式』神名帳には一宮(いちのみや)の伊和神社(宍粟(しそう)市)以下52の式内社が載っている。
 平安時代から鎌倉時代にかけて院や摂関家・社寺の荘園(しょうえん)が多くでき、渡(わたり)領、近衛(このえ)・九条家領、東大寺・東寺・法隆寺領などが広大な地域を占めた。播磨国の守護には梶原景時(かじわらかげとき)、小山朝政(おやまともまさ)などの有力御家人(ごけにん)が任じられたが、元弘(げんこう)の変(1331)に際し赤穂郡の赤松則村(のりむら)が反幕軍として挙兵し、播磨は赤松氏の分国となった。赤松氏は四職(ししき)家の一つとして室町時代になって勢力を張ったが、嘉吉(かきつ)の乱(1441)で滅んだ。このあと山名氏が一時支配したが、戦国時代になって赤松氏のほか三木(みき)の別所氏、三石(みついし)の浦上氏らの勢力が互いに覇を競った。その後、これらの勢力は豊臣(とよとみ)秀吉らによって一掃され、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いののち、播磨国には池田輝政(てるまさ)が封ぜられた。以後、江戸時代には天領、諸大名領、旗本領とが錯綜(さくそう)して設定され、支配が行われている。代表的な近世大名は、姫路城の酒井氏(15万石)、明石城の松平氏(8万石)、龍野城の脇坂(わきざか)氏(8万石)、赤穂城の森氏(2万石)で、ほかに三日月(みかづき)、山崎、林田、小野、三草(みくさ)、安志(あんし)、福本、加古川、三木、小塩(おしお)、新宮(しんぐう)などの11小藩があった。1871年(明治4)廃藩置県によってこれらの藩は姫路県、ついで飾磨県から1876年(明治9)に兵庫県に編入された(ただし福本藩はさきに鳥取藩に合併されていた)。
 産物としては、古くから播州米が知られ灘(なだ)の酒米にも用いられた。赤穂塩も、17世紀後半、浅野氏の保護奨励によって発展した。そのほか、赤穂海苔(のり)、龍野のしょうゆ、明石のタイ、揖保の手延べそうめんなどの農水産物、杉原(すぎはら)紙(多可(たか)町)、播州そろばん(小野市)、三木の刃物、播州釣り針(社町)、播州織(西脇市ほか)などの工芸品も伝統的な産物である。[小林 茂]
『平野庸脩撰『播磨鑑』(1762成、1909・播磨史談会/復刻版・1969・歴史図書社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の播磨国の言及

【針】より

留具ブローチ【菊池 徹夫】
[日本の針]
 古代の針については,正倉院に実物が残っているほか,《延喜式》巻四十二には都の東西の市で売られていたことが記されている。また播磨国(はりまのくに)は《古事記》に〈針間〉と表記され,《今昔物語集》にも播磨の書写山の聖として有名な性空が,誕生のとき手に針を握っていたという話があって,針の生産地であったらしく,《新猿楽記》には播磨国の名産として針があげられている。中世に多く製作された職人歌合絵(うたあわせえ)の類には,針磨(はりすり)と呼ばれる針づくり職人の姿が見られるが,多くは舞鑽(まいきり)を用いてめど穴をあけているところを描いており,この作業が針づくりの工程の中で重要であったことを示している。…

※「播磨国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

播磨国の関連キーワード黒田官兵衛孝高(よしたか)兵庫県姫路市総社本町葦原醜男・葦原色許男天日槍・天日矛播磨稲日大郎姫播磨国の土一揆重松 太三郎道主日女命播磨風土記一柳 末徳中江 種造沢野 利正飯盛大刀自改野 耕三阿菩大神縮見屯倉伊和大神赤穂塩田小犬丸保井上通泰

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

播磨国の関連情報