コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山英樹 まつやまひでき

2件 の用語解説(松山英樹の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

松山英樹

プロゴルファー。1992年2月25日、愛媛県生まれ。身長180センチ、体重82キロ。4歳でゴルフを始め、明徳義塾高等学校時代に全国高等学校選手権、日本ジュニアゴルフ選手権競技で優勝。2008年以降、日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームに3度選抜される。東北福祉大学に進学した10年にアジアアマチュアゴルフ選手権で優勝し、アマチュアでは日本人初となるマスターズの出場権を獲得。翌11年にマスターズに出場し、日本人として初のローアマチュアに輝いた。同年には、三井住友VISA太平洋マスターズで倉本昌弘、石川遼に次いで3人目となるアマチュアでの日本ツアー制覇を達成。13年4月、プロ転向した。

(2013-4-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山英樹 まつやま-ひでき

1992- 平成時代のプロゴルファー。
平成4年2月25日生まれ。父・松山幹男の指導で4歳からゴルフをはじめ,明徳義塾高時代に全国高等学校ゴルフ選手権,日本ジュニアゴルフ選手権で優勝。東北福祉大1年の平成22年にはアジアアマチュア選手権で優勝し,23年マスターズ・トーナメントに出場(27位。アマチュア選手で唯一予選を突破し,ローアマで表彰される)。同年三井住友VISA太平洋マスターズでアマチュア優勝。25年プロに転向し,日本ゴルフツアーで4勝を上げるなど安定して活躍し,新人では初の1億5586万333円の賞金王(海外メジャーを含むと2億107万6781円)となり,最優秀選手賞など9冠に輝く。同年全米オープン(10位),全英オープン(6位)でも活躍。26年ザ・メモリアル・トーナメントを制して米男子ゴルフツアー(PGAツアー)初優勝。愛媛県出身。東北福祉大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松山英樹の関連キーワード全米プロゴルフ協会日本プロゴルフ協会プロゴルフ協会レッスンプロ全米プロゴルフ選手権プロゴルファー猿プロゴルファー花新プロゴルファー猿二瓶綾子林由郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松山英樹の関連情報