コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡明義 まつおか あきよし

2件 の用語解説(松岡明義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡明義 まつおか-あきよし

1826-1890 幕末-明治時代の有職(ゆうそく)家。
文政9年5月生まれ。松岡辰方(ときかた)の孫。松岡行義(ゆきよし)の子。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩につかえ,江戸にすむ。維新後は神祇権大史(ごんのだいし),女子師範学校教授,皇典講究所教授,東京大学御用掛などをつとめ,明治13年から「古事類苑」の編集にあたる。明治23年6月22日死去。65歳。幼名は明忠。通称は重三郎,太郎。著作に「差貫考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡明義

没年:明治23.6.22(1890)
生年:文政9.5(1826)
幕末明治期の有職故実家。通称は重三郎,太郎。祖父辰方,父行義ともに有職学をもって久留米藩(福岡県)有馬家に仕えた。明義も家学を継承し有馬家江戸屋敷に仕える。日野家,竹屋家,裏松家に学ぶ。江戸幕府礼法師範も務めた。維新後は明治3(1870)年神祇権大史に任じられる。その後,式部寮,文部省などを経て,女子師範学校,皇典講究所の教授を務め,東京大学御用掛となる。13年から『古事類苑』の編纂に従った。<著作>『差貫考』『坐具類聚』『申酉雑記』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡明義の関連キーワード速水房常臼杵秋房西村正邦武家名目抄北山抄有職故実故実家故実叢書有職家松岡行義

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone