コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松崎観海 まつざき かんかい

3件 の用語解説(松崎観海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松崎観海 まつざき-かんかい

1725-1776* 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)10年5月4日生まれ。太宰(だざい)春台,高野蘭亭(らんてい)にまなぶ。父松崎白圭(はくけい)の跡をついで丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)松平家(寛延元年丹波亀山(京都府)に移封)につかえ,家老にすすんだ。安永4年12月23日死去。51歳。名は惟時(これとき)。字(あざな)は君脩。通称は才蔵。詩文集に「観海集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松崎観海

没年:安永4.12.23(1776.1.14)
生年:享保10.5.4(1725.6.14)
江戸時代中期の漢学者。丹波(兵庫県)篠山の人。名は惟時,字は君修,通称は才蔵。観海と号す。父は儒学者で篠山藩士の松崎観瀾。幼いころから父に就いて学問を学ぶ。13歳のとき江戸に出て,儒学を太宰春台 に詩文を高野蘭亭に師事し,また文弱となることを嫌い,剣術を武藤良夫に学んだ。延享3(1746)年父の退隠によって家督を嗣ぎ,篠山藩(のちに丹波亀山に移封)に出仕,晩年は家老の待遇を受けた。経学,詩文とも名声が高く,一藩の藩士という制限がありながら,その門に集う者はあとを断たなかった。<著作>『観海先生集』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まつざきかんかい【松崎観海】

1725~1775) 江戸中期の儒者・漢詩人。丹波篠山藩士。名は惟時、字あざなは君修。太宰春台に儒学を、高野蘭亭に詩を学んで、徂徠学派として重きをなした。著「観海先生詩集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松崎観海の関連キーワード竹川政辰横谷友信篠山青山忠講青山忠朝安藤凉宇末包金陵松平信嵩松平信岑矢代村弥助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone