コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松崎観海 まつざき かんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松崎観海 まつざき-かんかい

1725-1776* 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)10年5月4日生まれ。太宰(だざい)春台,高野蘭亭(らんてい)にまなぶ。父松崎白圭(はくけい)の跡をついで丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)松平家(寛延元年丹波亀山(京都府)に移封)につかえ,家老にすすんだ。安永4年12月23日死去。51歳。名は惟時(これとき)。字(あざな)は君脩。通称は才蔵。詩文集に「観海集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松崎観海

没年:安永4.12.23(1776.1.14)
生年:享保10.5.4(1725.6.14)
江戸時代中期の漢学者。丹波(兵庫県)篠山の人。名は惟時,字は君修,通称は才蔵。観海と号す。父は儒学者で篠山藩士の松崎観瀾。幼いころから父に就いて学問を学ぶ。13歳のとき江戸に出て,儒学を太宰春台 に詩文を高野蘭亭に師事し,また文弱となることを嫌い,剣術を武藤良夫に学んだ。延享3(1746)年父の退隠によって家督を嗣ぎ,篠山藩(のちに丹波亀山に移封)に出仕,晩年は家老の待遇を受けた。経学,詩文とも名声が高く,一藩の藩士という制限がありながら,その門に集う者はあとを断たなかった。<著作>『観海先生集』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつざきかんかい【松崎観海】

1725~1775) 江戸中期の儒者・漢詩人。丹波篠山藩士。名は惟時、字あざなは君修。太宰春台に儒学を、高野蘭亭に詩を学んで、徂徠学派として重きをなした。著「観海先生詩集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

松崎観海 (まつざきかんかい)

生年月日:1725年5月4日
江戸時代中期の漢学者
1776年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android