コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波国 たんばのくに

6件 の用語解説(丹波国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波国
たんばのくに

現在の京都府中央部と兵庫県東部。山陰道の一国。上国。「記紀」ではともに「たには」と読む。崇神天皇 10年の条には,四道将軍が各地に派遣され,丹波にはタニハノミチヌシノミコトがつかわされ,継体天皇8年の条には武烈天皇崩御後,継嗣がなかったため,仲哀天皇5世の孫倭彦王を捜し求めたところ丹波国桑田郡に見出したことが記されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

丹波国【たんばのくに】

旧国名。丹州とも。山陰道の一国。現在の京都府北西部と兵庫県東部に分属。もと丹後(たんご)国も含み,713年分割。国府は亀岡市。《延喜式》に上国,6郡。中世の守護は北条一族と仁木(にっき)・細川氏ら。
→関連項目大山荘京都[府]近畿地方兵庫[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

たんばのくに【丹波国】

現在の京都府中部と兵庫県東部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で山陰道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からは近国(きんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の亀岡(かめおか)市におかれていた。鎌倉時代六波羅探題(ろくはらたんだい)守護を兼任、南北朝時代には仁木氏、山名氏、次いで細川氏が守護となった。織田信長(おだのぶなが)明智光秀(あけちみつひで)に治めさせ、江戸時代は篠山(ささやま)藩など7藩があった。1871年(明治4)の廃藩置県で京都府と豊岡(とよおか)県に分かれて編入、さらに1876年(明治9)、豊岡県は京都府と兵庫県に分割編入された。◇丹後(たんご)国(京都府)と合わせて丹州(たんしゅう)ともいう。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんばのくに【丹波国】

旧国名。丹後とあわせ丹州という。現在の京都府中部,兵庫県東部。ほとんどが丹波高地とよばれる山地から成り,平地は亀岡盆地福知山盆地などごく少ない。
【古代】
 山陰道に属する上国(《延喜式》)。国名は,《古事記》では旦波,丹波が併用されており,《日本書紀》ではすべて丹波である。藤原宮跡出土木簡では例外を除いてすべて丹波であるから,おそらくは大宝令の制定・施行とともに丹波に統一されたと思われる。その名の由来は,《和名類聚抄》が〈太邇波(たには)〉と訓(よ)んでおり,田庭の義であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波国
たんばのくに

京都府の中部と兵庫県の東部を占める旧国名。山陰道に属す。『和名抄(わみょうしょう)』には「たには」と記す。初め京都府北部の5郡、同じく中央部の桑田(くわた)、船井(ふない)、天田(あまだ)、何鹿(いかるが)の4郡、兵庫県東部の多紀(たき)、氷上(ひかみ)の2郡を含んだが、713年(和銅6)に京都府北部5郡が分立して丹後(たんご)国となってから桑田郡以下6郡をさすこととなった。内陸部の丹波地域は、縄文時代から弥生(やよい)時代にかけて丹後地域に一歩遅れた観があるが、古墳時代後期になると丹波には横穴式石室を伴う大規模な群集墳が発達した。『和名抄』には丹波国府を「在桑田郡、行程上一日、下半日」とする。国分二寺も桑田郡にあった。丹波国式内社71座のうち、桑田郡出雲(いずも)神社、小川月(おかわつきの)神社、船井郡麻気(まけの)神社、多紀郡櫛石窓(くしいわまどの)神社2座の計5座を名神(みょうじん)大社とし、出雲神社を一宮(いちのみや)と称した。古代丹波国の豪族と大和(やまと)朝廷とのつながりを示す伝承は、継体(けいたい)天皇即位前紀に大連大伴金村(おおむらじおおとものかなむら)が「丹波国桑田郡」の倭彦(やまとひこ)王を推戴(すいたい)する物語などにみられる。平安京の時代には都の近隣丹波国の重要性は一段と強まった。早く成立した荘園(しょうえん)には、多紀郡宮田荘・大山荘、船井郡・桑田郡にまたがる桐野牧(きりののまき)のごとく藤原氏の領有するもの、氷上郡柏原(かいばら)別宮・由良(ゆら)荘、何鹿郡私市(きさいち)荘のごとく石清水八幡(いわしみずはちまん)社領、そのほか山城(やましろ)・京都の権門・社寺領が多かった。
 南北朝期には、北朝方に加担することが多かった。天田・何鹿2郡は一時丹後守護上杉朝定(ともさだ)の分郡に編入されていたが、山名時氏(やまなときうじ)が丹後・丹波守護を兼任してから廃された。その間、仁木(にき)、高(こう)氏らの守護時代があった。明徳(めいとく)の乱(1391)以降、山名氏が勢力を失い、細川頼元(よりもと)が守護となった。細川氏は小守護代、郡奉行を置いて支配の全きを期したが、大きな国一揆(くにいっき)の勃発(ぼっぱつ)をみた。そののち守護代内藤氏の戦国大名化、多紀郡小守護代波多野(はたの)氏の自立化、氷上郡荻野(おぎの)氏の台頭などをみたが、1579年(天正7)明智光秀(あけちみつひで)らによって丹波は平定された。近世幕藩制時代は亀山(かめやま)(桑田郡)、園部(そのべ)(船井郡)、綾部(あやべ)(何鹿郡)、山家(やまが)(何鹿郡)、篠山(ささやま)(多紀郡)、柏原(かいばら)(氷上郡)、福知山(天田郡)の各藩があった。18世紀以降それぞれ藩校をもった。福知山藩主朽木昌綱(くつきまさつな)の蘭学(らんがく)をはじめ、丹波出身の石田梅岩(ばいがん)(心学)、山脇(やまわき)東洋(医学)、野々村仁清(ののむらにんせい)(陶工)、円山応挙(まるやまおうきょ)(画家)などの名はよく知られる。保津(ほつ)川と由良(ゆら)川は山城と丹後へ、さらに海へ通じる物産の動脈をなした。1871年(明治4)廃藩置県後、亀岡(もと亀山)・綾部・山家・園部藩は京都府へ、篠山・福知山・柏原藩はいったん豊岡(とよおか)県に編入ののち、福知山は京都府に、篠山・柏原は兵庫県に編入された。
 物産には丹波栗(ぐり)をはじめ瓜(うり)、松茸(まつたけ)、柿(かき)、煙草(たばこ)などが知られ、また古くから養蚕の盛んな地で、近世には丹波糸問屋も成立した。[中嶋利雄]
『八木哲浩・石田善人著『兵庫県の歴史』(1971・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の丹波国の言及

【丹後国】より

…顕宗天皇は即位前に宮廷の内紛を避けて与謝郡に逃げたともいい,浦島子伝説とあわせて真偽はともかく丹後国独自の文化を発展させながら大和政権のそれをも吸収していたことが知られる。ただし,以上の時代にはいずれも丹後国は丹波国の一部分であり,正確には713年(和銅6)丹波国から加佐,与謝,丹波,竹野,熊野の5郡が分割されて丹後国となったときにはじまる。国名の丹後は大和からみて丹波の後方であるという意味であるが,丹波の国名のもととなる丹波郡は丹後に入れられており,旧丹波国の中心はむしろ丹後地方であった可能性が高い。…

※「丹波国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹波国の関連情報