コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信正 まつだいら のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信正 まつだいら-のぶまさ

1852-1909 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)5年4月29日生まれ。松平信豪(のぶひで)の7男。義兄松平信義(のぶよし)の養子となり,慶応2年丹波亀山藩(京都府)藩主松平(形原(かたのはら))家8代。4年山陰道鎮撫総督西園寺公望(さいおんじ-きんもち)に帰順。明治2年藩名を亀岡藩と改称。のち子爵,貴族院議員。明治42年10月28日死去。58歳。通称は又七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平信正の関連キーワード松平信清

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android