帰順(読み)キジュン

デジタル大辞泉の解説

き‐じゅん【帰順】

[名](スル)反逆や抵抗をやめて服従すること。帰服。「武器を捨てて帰順する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きじゅん【帰順】

( 名 ) スル
敵対するのをやめて、服従すること。 「城をあけ渡し敵に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐じゅん【帰順】

〘名〙 反逆の心をあらためて服従すること。帰服
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「重有帰順語仍共平章」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「墺、魯の二帝は辞を卑してを乞ひ仏蘭西の新帝に順して唯命是従ふのみ」 〔杜甫‐贈李八秘書別三十韻詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰順の関連情報