コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平典則 まつだいら つねのり

1件 の用語解説(松平典則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平典則 まつだいら-つねのり

1836-1883 幕末の大名。
天保(てんぽう)7年1月23日生まれ。松平斉典(なりつね)の4男。嘉永(かえい)3年武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主松平(越前(えちぜん))家5代となる。4年後の7年眼病のため19歳で隠居。明治16年7月24日死去。48歳。初名は典術。号は静寿斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平典則の関連キーワードアルマン条約電気事業郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone