コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平斉典

3件 の用語解説(松平斉典の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平斉典

川越藩主。勤王家。初名矩典、称徳之助。直恒第三子。尾高高雅門。侍従大和守。文武を好み学館博喩堂を設け、藩の子弟を教育し士風を振興する。将軍より一字を賜り斎典と改む。『日本外史』『川越版』を刊行す。嘉永2年(1849)歿、61才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平斉典 まつだいら-なりつね

1797-1849 江戸時代後期の大名。
寛政9年11月2日生まれ。松平直恒(なおつね)の3男。兄直温(なおのぶ)の養子となり,文化13年武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主松平(越前(えちぜん))家4代。文政10年将軍徳川家斉(いえなり)の25男紀五郎を養子にむかえた。天保(てんぽう)12年2万石の加増。藩校講学所(博喩堂)を創設,また川越版「日本外史」を刊行させた。嘉永(かえい)2年11月5日死去。53歳。初名は矩典(のりつね)。通称は徳之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平斉典

没年:嘉永3.1.20(1850.3.3)
生年:寛政9.11.2(1797.12.19)
江戸後期の武蔵川越藩主。はじめ矩典,大和守。川越藩主松平直恒の3男。江戸生まれ。文化13(1816)年兄直温の早世により,末期養子となって襲封,15万石。文政10(1827)年将軍徳川家斉の24男紀五郎を養子とする。幕府から相模の海岸防備を命じられ,藩財政も困窮したため,御用商人勘定奉行格に任命して再建を図ったが成功せず,天保11(1840)年出羽庄内への転封を願ったが,庄内藩の領民の反対一揆により挫折,代わりに翌年加増されて17万石となった。藩政では,荒廃地の復興や治水の整備,組合村の編成による支配体制の再建など,積極的な政策を取り,藩校博喩堂を創設し『日本外史』を出版させるなど文教政策にも尽くした。<参考文献>『川越市史』3巻,『埼玉県史』通史編4巻

(根岸茂夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の松平斉典の言及

【川越藩】より

…武蔵国(埼玉県)入間郡川越に藩庁を置いた譜代中藩。ただし後期の松平家は越前家分家の親藩。江戸に近い番城として老中などの重臣が配置された。1590年(天正18)酒井重忠が川越城1万石を領したのが藩の起りである。重忠は城下町の諸役を免除し商人の集住を図ったが,1601年(慶長6)上野国厩橋(まやばし)に移った。09年弟忠利が2万石で入封,検地を実施し,仙波喜多院を復興,三芳野天神社を建立した。忠利没後,嫡男の武蔵国深谷城主で老中忠勝が遺領を合わせ8万石で襲封した。…

※「松平斉典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平斉典の関連情報