コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平斉孝 まつだいら なりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平斉孝 まつだいら-なりたか

1788-1838 江戸時代後期の大名。
天明8年1月3日生まれ。松平康哉(やすちか)の4男。兄康乂(やすはる)の養子となり,文化2年美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平(越前(えちぜん))家7代。将軍徳川家斉(いえなり)の14男銀之助(斉民(なりたみ))を養子にむかえ,5万石加増されて10万石となった。天保(てんぽう)9年2月3日死去。51歳。初名は克孝,のち康孝。通称は慎三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平斉孝の関連キーワード松平斉民永田桐隠松平信発松平慶倫松平定安松平直温野矢為政

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android