コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平斉恒 まつだいら なりつね

2件 の用語解説(松平斉恒の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平斉恒

江戸後期の出雲松江藩主。江戸生。松平治郷(不昧)の長男。叔父は雪川。幼名は鶴太郎、号は瓢庵・月潭・露滴斎・宗潔。塙保己一に『延喜式』の校訂をさせ、子斉貴の代に完成した。茶・俳諧・書を能くする。従四位下、侍従・出雲守・出羽守。文政5年(1822)歿、32才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平斉恒 まつだいら-なりつね

1791-1822 江戸時代後期の大名。
寛政3年9月6日生まれ。松平治郷(はるさと)の長男。文化3年出雲(いずも)松江藩主松平(越前(えちぜん))家8代となる。俳諧をよくした。文政5年3月21日死去。32歳。号は瓢庵,月潭,露滴斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平斉恒の関連キーワード松平雪川松平不昧松平治郷荒井一掌小林如泥土屋善四郎(2代)長岡住右衛門(初代)永原与蔵(初代)松平隆政松平直丘