松平斉韶(読み)まつだいら なりつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平斉韶 まつだいら-なりつぐ

1803-1868 江戸時代後期の大名。
享和3年5月5日生まれ。松平直周(なおちか)の子。文化13年播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平(越前(えちぜん))家7代となる。文政10年将軍徳川家斉(いえなり)の26男周丸(ちかまる)(のち斉宣(なりのぶ))を養子にむかえた。明治元年9月8日死去。66歳。初名は直韶。は嵩翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android