松平直周(読み)まつだいら なおちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直周 まつだいら-なおちか

1773-1828 江戸時代中期-後期の大名。
安永2年6月28日生まれ。松平直泰(なおひろ)の次男。兄直之(なおゆき)の養子となり,天明6年播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平(越前(えちぜん))家6代。寛政8年幕府の命で木曾川の改修をおこなう。文政11年4月2日死去。56歳。通称は恒吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android