コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直周 まつだいら なおちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直周 まつだいら-なおちか

1773-1828 江戸時代中期-後期の大名。
安永2年6月28日生まれ。松平直泰(なおひろ)の次男。兄直之(なおゆき)の養子となり,天明6年播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩主松平(越前(えちぜん))家6代。寛政8年幕府の命で木曾川の改修をおこなう。文政11年4月2日死去。56歳。通称は恒吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平直周の関連キーワード松平斉韶

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android