コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平近義 まつだいら ちかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平近義 まつだいら-ちかよし

1770-1807 江戸時代後期の大名。
明和7年4月1日生まれ。松平近形(ちかのり)の3男。兄近儔(ちかとも)の養子となり,文化元年豊後(ぶんご)(大分県)府内藩主松平(大給(おぎゅう))家7代。3年七島藺(しちとうい)の専売仕法をあらため,藩財政の強化をはかった。文化4年9月5日死去。38歳。通称は欣弥。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平近義の関連キーワード杉田玄白デービー(Sir Humphry Davy)チェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルンクルーゼンシュテルン後桜町天皇ベートーベンワーズワースの生家アタックス