松本典子(読み)まつもと のりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本典子 まつもと-のりこ

1935-2014 昭和後期-平成時代の女優。
昭和10年8月9日生まれ。俳優座養成所を卒業し昭和34年劇団民芸にはいり,堀田清美作「島」で初舞台。その後「にんじん」「三人姉妹」などに主演。51年夫の清水邦夫が主宰する木冬社にはいり,中心女優として活躍。54年「楽屋」で,59年「ラヴレター―愛と火の精神分析」で2度紀伊国屋演劇賞を受賞。平成26年3月26日死去。78歳。東京出身。大谷学園高卒。本名は清水和子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android