コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水邦夫 しみずくにお

4件 の用語解説(清水邦夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水邦夫
しみずくにお

[生]1936.11.17. 新潟
劇作家。早稲田大学文学部演劇科在学中に書いた処女作『署名人』 (1958) で注目される。卒業後,岩波映画社でシナリオを担当,1965年退社。蜷川幸雄らと現代人劇場 (のちの櫻社) を結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しみず‐くにお〔しみづくにを〕【清水邦夫】

[1936~ ]劇作家・演出家・小説家。新潟の生まれ。劇団木冬(もくとう)社を創立、主宰。戯曲「真情あふるる軽薄さ」「狂人なおもて往生をとぐ」「わが魂は輝く水なり」など。小説「華やかな川、囚われの心」で芸術選奨受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水邦夫 しみず-くにお

1936- 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和11年11月17日生まれ。「真情あふるる軽薄さ」が蜷川(にながわ)幸雄の演出で若者の支持をえる。昭和47年「ぼくらが非情の大河をくだる時」で「新劇」岸田国士戯曲賞。51年劇団木冬(もくとう)社を創立。59年「エレジー」で読売文学賞,平成3年「弟よ」,5年「華やかな川、囚われの心」で芸術選奨。妻は女優松本典子。新潟県出身。早大卒。作品はほかに「タンゴ・冬の終わりに」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水邦夫
しみずくにお
(1936― )

劇作家、演出家、小説家。新潟県生まれ。早稲田(わせだ)大学演劇科在学中に処女戯曲『署名人』(1958)を発表。一時、岩波映画で羽仁進(はにすすむ)とともにシナリオを書いたが、『狂人なおもて往生をとぐ』(1969)で劇界での地歩を固めた。以後、演出家の蜷川幸雄(にながわゆきお)と組んで清新な作品を次々と送り出し、新世代の旗手となった。1976年(昭和51)以後は夫人の女優松本典子(のりこ)とともに木冬社(もくとうしゃ)を主宰し、演出にも才能をみせている。代表作に『楽屋』(1977)、『火のようにさみしい姉がいて』(1978)、『戯曲冒険小説』(1979)、『わが魂は輝く水なり』(1980)など。小説では『月潟村柳書』(1986)、『風鳥』(1993)がある。84年読売文学賞受賞。[大島 勉]
『『清水邦夫の世界』(1982・白水社) ▽『清水邦夫全仕事 1958~1980』上・下(1992・河出書房新社) ▽『清水邦夫全仕事 1981~1991』上・下(1992・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水邦夫の関連キーワード遠藤啄郎岸田理生北村想斎藤憐坂手洋二謝名元慶福菅竜一堤春恵野口達二三田純市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水邦夫の関連情報