松本友十郎(2代)(読み)まつもと ともじゅうろう

  • 松本友十郎(2代) まつもと-ともじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
初代松本友十郎の門人。宝暦3年(1753)京都山下宇源太座で敵役(かたきやく)として初舞台をふむ。江戸市村座にも出演。東西随一の敵役といわれた。チャリ事(道外(どうけ))をもっとも得意とした。前名は松本新九郎。俳名鬼頭屋号伊勢屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android