コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本彦平 まつもと ひこへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本彦平 まつもと-ひこへい

1856-1919 明治-大正時代の治水家。
安政3年6月17日生まれ。滋賀県会議員,生地高島郡川上村(今津町)の村長をつとめる。村の水不足を解消するために淡海(たんかい)耕地整理組合をつくり,大正元年灌漑(かんがい)用の溜池(ためいけ)の築造に着手した。大正8年1月22日死去。64歳。池は昭和12年に完成し,淡海池と名づけられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松本彦平の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android