松本徳彦(読み)まつもと のりひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本徳彦 まつもと-のりひこ

1936- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和11年1月1日生まれ。主婦と生活社をへて,昭和38年フリー。舞台写真を手がける。日本写真家協会による写真史編集にもたずさわった。平成元年「昭和をとらえた写真家の」を刊行。広島県出身。日大卒。写真集に「越路吹雪」「水谷八重子ほか

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android