コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村八次郎 まつむら はちじろう

1件 の用語解説(松村八次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村八次郎 まつむら-はちじろう

1869-1937 明治-昭和時代前期の陶業家。
明治2年生まれ。25年名古屋松村九助(くすけ)の養子となる。29年硬質磁器の特許をえて,35年より生産をはじめる。同年佐賀県有田に石炭用の一間窯をひらいた。昭和12年9月8日死去。69歳。肥前松浦郡曲川村(佐賀県)出身。東京工業学校(現東京工業大)卒。旧姓は西山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の松村八次郎の言及

【瀬戸焼】より

…その生産の大半を占めたのは輸出用の上絵磁器であり,国際競争力の点から安い日常食器生産の伝統をもつ瀬戸,美濃を背景に,名古屋を中心として窯業の近代化が進められた。1902年松村八次郎による石炭窯の完成で硬質陶器が生まれ,1904年には日本陶器の倒炎式丸窯の完成,機械化による量産体制の確立によって,近代化に一時期を画した。以後,瀬戸,美濃,名古屋は有田,京都を凌駕して飛躍的発展を遂げ,今日の陶磁器生産の基礎ができあがった。…

※「松村八次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

松村八次郎の関連キーワード藩学一覧中国映画日活(株)女性参政権チェンバレンチェンバレン株式会社華北分離工作朝鮮映画東宝(株)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone