松橋忠光(読み)まつはし ただみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松橋忠光 まつはし-ただみつ

1924-1998 昭和時代後期の官僚。
大正13年11月30日生まれ。昭和23年警察大学校にはいり,警視庁,県警の幹部コースをあゆむ。36年アメリカでCIAの研修をうける。42年内閣調査室出向,50年警視監で退職。59年回想録「わが罪はつねにわが前にあり」を刊行,警察内部の腐敗を告発した。平成10年12月11日死去。74歳。北海道出身。東京商大(現一橋大)中退

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android