警察庁(読み)ケイサツチョウ

デジタル大辞泉 「警察庁」の意味・読み・例文・類語

けいさつ‐ちょう〔‐チヤウ〕【警察庁】

警察行政を統轄する中央機関国家公安委員会特別の機関として置かれる。警察庁長官を長とし、警察に関する全般的な事務を行う。昭和29年(1954)設置。付属機関として警察大学校科学警察研究所皇宮警察本部がある。NPA(National Police Agency)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「警察庁」の意味・読み・例文・類語

けいさつ‐ちょう‥チャウ【警察庁】

  1. 〘 名詞 〙 警察行政の中央機関。昭和二九年(一九五四警察法に基づき国家公安委員会に設置。警察制度の企画、調査、予算や刑事警察に関する事務、緊急事態に対処するための計画と実施、全国幹線道路交通規制警察職員の教育、任用などの事務をつかさどる。地方管区警察局、付属機関に科学警察研究所、皇宮警察本部、警察大学校がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「警察庁」の意味・わかりやすい解説

警察庁
けいさつちょう

警察行政を担当する国家機関。警察法(昭和29年法律第162号)に基づいて国家公安委員会に設置された。国家公安委員会の管理の下で、国家として責任を負うべき事務(警察制度の企画・立案、大規模な災害・国際テロ事案等への対処、全国的な幹線道路における交通規制等)、全国的な見地から中央において統括すべき事務(警察通信、犯罪鑑識、犯罪統計、警察装備等)および警察行政に関する調整事務をつかさどる。また、法律により国家公安委員会の権限とされた事務(都道府県警察の警視正以上の階級にある警察官任免、国家公安委員会規則の制定司法警察職員の指定、犯罪収益移転防止法に基づく事務等)について、同委員会を補佐する。

 警察庁の長は警察庁長官で、国家公安委員会の定める大綱方針に即して警察庁を統括し、警察庁の所掌事務について都道府県警察を指揮監督する。内部部局として長官官房、生活安全局、刑事局、交通局、警備局および情報通信局が、付属機関として警察大学校、科学警察研究所、皇宮警察本部が、地方機関として東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州の7管区警察局と東京都および北海道各警察通信部がそれぞれ置かれている。原則として、警察事務の執行は都道府県警察が行うが、皇宮警察の事務に関しては、皇宮警察本部が直接あたっている。

[田村正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「警察庁」の意味・わかりやすい解説

警察庁【けいさつちょう】

国家公安委員会の管理の下に警察法に定められた警察制度の企画・調査,国の公安に係る警察運営,緊急事態に対処する計画とその実施,幹線道路の規制,皇宮警察などの警察事務を主管する警察の中央機関。1954年設置。警察庁長官は国家公安委員会が内閣総理大臣の承認を得て任命。→警視庁
→関連項目科学警察研究所警察官警察大学校警察手帳警視総監総理府内閣総理大臣日本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「警察庁」の意味・わかりやすい解説

警察庁 (けいさつちょう)

国家公安委員会の管理下にある,警察行政の中央機関。その担当事務は,警察諸制度の企画調査,警察に関する国の予算,国の公安に関する警察運営,緊急事態に対処するための計画と実施,全国的な幹線道路における交通規制,国際捜査共助,皇宮警察,警察教養,警察通信,犯罪鑑識,犯罪統計,警察装備,警察職員の任用・勤務・活動の基準,警察行政の調整,以上の事務遂行に必要な監察に関することである。警察庁は国家公安委員会の事務局でもある。警察庁長官は国家公安委員会が内閣総理大臣の承認をえて任免する。内部部局として,長官官房,生活安全局,刑事局,交通局,警備局,情報通信局が,付属機関として,警察大学校,科学警察研究所,皇宮警察本部がある。地方機関として,管区警察局(七つ),東京都警察情報通信部,北海道警察情報通信部がおかれている。警察庁長官は,警察庁の所掌事務につき都道府県警察を指揮監督する。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「警察庁」の意味・わかりやすい解説

警察庁
けいさつちょう

国家公安委員会の管理のもとにある最高の警察機関。国家公安委員会の庶務を司る事務部局であると同時に警察法 5条2項に掲げる事務を司る警察の実施機関である。その事務は警察に関する諸制度の企画,調査,予算,国の公安にかかる警察運営,緊急事態に対処する計画および実施,幹線道路の交通規制,警察教養施設などに関することである。警察庁長官のもとに次長,長官官房のほか生活安全,刑事,交通,警備,情報通信の5内局をおき,下部に地方機関として7管区警察局と付属機関として皇宮警察本部,警察大学校,科学警察研究所がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「警察庁」の解説

警察庁
けいさつちょう

1954年(昭和29)6月公布の新警察法により発足した中央官庁。内閣総理大臣所轄の国家公安委員会が長官の任免権を握り,その下で全国にわたる警察行政を調整するとともに,国の公安に関する警察運営の指揮監督を行う。全国を7管区にわけ,警察局をおく。付属機関として警察大学校・科学警察研究所・皇宮警察本部などがある。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android