コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察庁 けいさつちょう

6件 の用語解説(警察庁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

警察庁
けいさつちょう

国家公安委員会の管理のもとにある最高の警察機関。国家公安委員会の庶務を司る事務部局であると同時に警察法 5条2項に掲げる事務を司る警察の実施機関である。その事務は警察に関する諸制度の企画,調査,予算,国の公安にかかる警察運営,緊急事態に対処する計画および実施,幹線道路交通規制警察教養施設などに関することである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいさつ‐ちょう〔‐チヤウ〕【警察庁】

警察行政を統轄する中央機関国家公安委員会特別の機関として置かれる。警察庁長官を長とし、警察に関する全般的な事務を行う。昭和29年(1954)設置。付属機関として警察大学校科学警察研究所皇宮警察本部がある。NPA(National Police Agency)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

警察庁【けいさつちょう】

国家公安委員会の管理の下に警察法に定められた警察制度の企画・調査,国の公安に係る警察運営,緊急事態に対処する計画とその実施,幹線道路の規制,皇宮警察などの警察事務を主管する警察の中央機関。
→関連項目科学警察研究所警察官警察大学校警察手帳警視総監総理府内閣総理大臣日本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいさつちょう【警察庁】

国家公安委員会の管理下にある,警察行政の中央機関。その担当事務は,警察諸制度の企画調査,警察に関する国の予算,国の公安に関する警察運営,緊急事態に対処するための計画と実施,全国的な幹線道路における交通規制,国際捜査共助皇宮警察,警察教養,警察通信犯罪鑑識,犯罪統計,警察装備,警察職員の任用・勤務・活動の基準,警察行政の調整,以上の事務遂行に必要な監察に関することである。警察庁は国家公安委員会の事務局でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいさつちょう【警察庁】

警察諸制度の企画・調査、警察行政の調整・監察など、警察に関する事務を全般的に扱う、国家公安委員会に置かれる機関。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

警察庁
けいさつちょう

警察行政を担当する国家機関。警察法(昭和29年法律第162号)に基づいて国家公安委員会に設置された。国家公安委員会の管理の下で、国家として責任を負うべき事務(警察制度の企画・立案、大規模な災害・国際テロ事案等への対処、全国的な幹線道路における交通規制等)、全国的な見地から中央において統括すべき事務(警察通信、犯罪鑑識、犯罪統計、警察装備等)および警察行政に関する調整事務をつかさどる。また、法律により国家公安委員会の権限とされた事務(都道府県警察の警視正以上の階級にある警察官の任免、国家公安委員会規則の制定、司法警察職員の指定、犯罪収益移転防止法に基づく事務等)について、同委員会を補佐する。
 警察庁の長は警察庁長官で、国家公安委員会の定める大綱方針に即して警察庁を統括し、警察庁の所掌事務について都道府県警察を指揮監督する。内部部局として長官官房、生活安全局、刑事局、交通局、警備局および情報通信局が、付属機関として警察大学校、科学警察研究所、皇宮警察本部が、地方機関として東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州の7管区警察局と東京都および北海道各警察通信部がそれぞれ置かれている。原則として、警察事務の執行は都道府県警察が行うが、皇宮警察の事務に関しては、皇宮警察本部が直接あたっている。[田村正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

警察庁の関連情報