松永六郎右衛門(読み)まつなが ろくろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永六郎右衛門 まつなが-ろくろうえもん

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者・作者。
京都,大坂で活躍。若衆方から立役(たちやく),女方,のち敵役(かたきやく)に転じた。宝永4年(1707)ごろから作者をかねた。初代大和屋甚兵衛の従兄弟。作品に「女今川制詞条々」「女猩々(しょうじょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android