コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永安左衛門 マツナガヤスザエモン

デジタル大辞泉の解説

まつなが‐やすざえもん〔‐やすザヱモン〕【松永安左衛門】

[1875~1971]実業家長崎の生まれ。九州水力電気・東部電力を創業。第二次大戦後、電力事業の地域ブロック別民営化などに活躍し、「電力の鬼」と称された。茶人としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつながやすざえもん【松永安左衛門】

1875~1971) 実業家。長崎県生まれ。九州水力電気・東部電力を創業。戦後の九電力体制への再編を主導した。茶人としても知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

松永安左衛門の関連キーワード松永安左ヱ門仰木 魯堂木川田一隆長崎県再編松永

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android