コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松江温泉 まつえおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松江温泉
まつえおんせん

島根県松江市宍道湖北岸の市街地に建設された新興温泉。食塩泉硫酸塩泉単純泉で,泉温は 76℃。宍道湖岸を埋立て,1962年,天倫寺温泉からの引き湯により新しい温泉街を形成。 71年,ボーリングに成功。旅館,レジャーセンターが配置され,出雲路観光の宿泊地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松江温泉
まつえおんせん

島根県北東部、松江市にある温泉。宍道(しんじ)湖北岸にあり、正称は松江しんじ湖温泉という。1962年埋立地に旅館団地がつくられ、天倫寺(てんりんじ)温泉(松江市)から引き湯していたが、1971年ボーリングに成功。泉質は硫酸塩泉。温泉街の西端に「お湯かけ地蔵尊」があり、8月の「お湯かけ地蔵まつり」には多くの人でにぎわう。一畑(いちばた)電車北松江線、国道431号が通じ、JR山陰本線松江駅からバスの便がある。[江村幹雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松江温泉の関連キーワード島根県松江市松江(市)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android