コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍道 しんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宍道
しんじ

島根県北東部,松江市南西部の旧町域。宍道湖の南岸にある。 1927年町制。 1955年来待村と合体。 2005年松江市,鹿島町,島根町,美保関町,八雲村,玉湯町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。古くは出雲大社参詣の宿場町として発展,旧本陣跡木幡家住宅 (国指定重要文化財) が旅館として残っている。木材,米などを集散し,東部の来待からは石州瓦の釉薬として用いられる来待石を産出,伝統工芸品の出雲石灯籠の産地でもある。近年は住宅地化が著しい。史跡の伊志見一里塚などがあり,一部は宍道湖北山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宍道
しんじ

島根県北東部、八束(やつか)郡にあった旧町名(宍道町(ちょう))。現在は松江市の南西部を占める地域。宍道湖南岸に位置する。旧宍道町は、1927年(昭和2)町制施行。1955年(昭和30)来待(きまち)村と合併。2005年(平成17)松江市に合併した。奥出雲(いずも)を控え、また山陰道の宿場として栄えた。JR山陰本線・木次線、国道9号、54号が通じる交通の要地で、2001年に山陰自動車道、2003年に松江自動車道が開通している。宍道湖岸の干拓によって水田が造成され、宍道湖漁業も行われる。かつては養蚕を中心とする農業が盛んであった。来待石を加工した灯籠(とうろう)などの地場産業がある。松江、出雲両市の市街地への交通の便がよく、ベッドタウン化も進んでいる。18世紀初めの本陣建築である木幡(こわた)家住宅は国の重要文化財、伊志見(いじみ)一里塚は国の史跡である。[小松 聰]
『『宍道町誌』(1963・宍道町) ▽『宍道町史』全3巻(1999~2004・宍道町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宍道の関連情報