松浦 寛威(読み)マツウラ カンイ

20世紀日本人名事典の解説

松浦 寛威
マツウラ カンイ

明治・大正期の陸軍中将



生年
慶応2年11月28日(1867年)

没年
昭和3(1928)年12月9日

出身地
筑後国豊岡村(福岡県)

学歴〔年〕
陸士〔明治21年〕卒

経歴
明治21年陸軍歩兵少尉となり、日清戦争に従軍。のち陸軍士官学校教官、四川省成都府武備学堂総教習となり、日露戦争には安東県軍政長官、遼陽軍政長官、第3軍司令部付を務める。その後、熊本地方幼年学校校長、歩兵第70連隊長、陸軍中央幼年学校校長などを歴任して、大正4年歩兵第34旅団長、8年中将となり、9年シベリア出兵には第9師団長として出征した。弟の松浦淳六郎も陸軍中将。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android