松浦佐用媛(読み)まつら・さよひめ

朝日日本歴史人物事典の解説

松浦佐用媛

『万葉集』や古風土記に登場する伝説上の人物。若い女性で,水神に仕える巫女の性格がある。まつうらさよひめともいう。恐らく水神の生贄にされた巫女のイメージがモデルとなっている。いわゆるサヨヒメ伝説は各地に残っている。共通するモチーフは,恋人が異国へ出征するに当たって,山に登り,領布を振る若き乙女の姿である。『播磨国風土記』に登場する佐用都比売命はそのひとり。サヨは道祖にも通じ,松浦のマツラは,祭るという意味である。境で田の水神を祭るという巫女の存在が,女神像の基底にあったと推察される。

(宮田登)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android