コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古風土記 コフドキ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ふどき【古風土記】

和銅6年(713)の元明天皇の詔によって編集された諸国の風土記。後世のものと区別していう語。→風土記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こふどき【古風土記】

713年の元明天皇の勅により編纂された風土記を、後世の風土記と区別していう語。「出雲国風土記」の全部、常陸・播磨・豊後・肥前の各風土記の一部が現存。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の古風土記の言及

【風土記】より

…だが風土記とよばれるものには和銅度のもののほかに,20年後の733年(天平5)に成った《出雲国(いずものくに)風土記》もあるが,これは節度使が編修主体となったもので,軍事的要素が加味されて実用性の強い地誌としてあらわれている。〈和銅風土記〉とはやや異質のものだが,この期のもの(豊後(ぶんご)・肥前(ひぜん)の風土記など)を含めて〈古風土記〉とよんでいる。記紀には見ることのできない地方民衆の風俗や民間伝承が豊富に盛られている点できわめて貴重な古典である。…

※「古風土記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古風土記の関連キーワード風土記シラバス楽山大仏慧能開元義浄大祚栄丹後東北新幹線播磨風土記

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古風土記の関連情報