コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

播磨国風土記 はりまのくにふどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

播磨国風土記
はりまのくにふどき

播磨国 (兵庫県) に関する古代の地誌。1巻。和銅6 (713) 年官命によってつくられた各国別の地誌で,いわゆる「古風土記」の一つ。現存本には総説,赤石郡,賀古郡の一部が欠落し,また赤穂郡の記事も欠いている。『古事記』に似た変体漢文で記され,現存古風土記中最も素朴さが濃いとされている。伝説,説話を多量に含む点,田の地味を9等に分けて詳しく注記している点,掲出地名のすべてに説明を加えている点,物産の記事がきわめて少い点などが特色。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はりまのくにふどき【播磨国風土記】

713年の詔により作られた風土記の一。一巻。715年頃の成立。現存本は巻首およびそれに続く一部を欠く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

播磨国風土記
はりまのくにふどき

地誌。一巻。715年(霊亀1)以前の成立と推定される。国土形成の神の物語に特色があり、記紀の異伝がみられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

播磨国風土記の関連キーワード葦原醜男・葦原色許男播磨稲日大郎姫室津(兵庫県)天日槍・天日矛佐用都比売命味耜高彦根神市辺押羽皇子手白香皇女石坂比売命安富[町]生野[町]松浦佐用媛加美[町]播磨風土記吉川[町]兄太加奈志石作大来吉備比売出石神社石の宝殿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

播磨国風土記の関連情報