コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報恩 ホウオン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐おん【報恩】

恩にむくいること。恩返し。
仏・祖師などの恩に感じて仏事布施などを行うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

報恩 ほうおん

?-795 奈良時代の僧。
吉野山にはいって修行をつみ,孝謙天皇,桓武(かんむ)天皇の病気を祈祷(きとう)によってなおしたという。天平宝字(てんぴょうほうじ)4年大和(奈良県)に子島寺をひらいた。延暦(えんりゃく)14年6月28日死去。備前(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうおん【報恩】

恩にむくいること。恩がえし。
特に、仏・祖師などの恩にむくいるために法事などを行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

報恩の関連キーワードポケットミュージアム斎藤報恩会博物館京都府京都市上京区溝前町兵庫県加古川市平荘町山角宮城県仙台市青葉区本町大分県国東市武蔵町麻田神奈川県綾瀬市寺尾南茨城県常総市豊岡町岐阜県大垣市綾野蒙古襲来絵詞醍醐の五門跡動物報恩譚隆憲(2)三宝院義演父母恩重経畑井 小虎打掛肩衣一粒万倍奈良時代捨身供養心地観経

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報恩の関連情報