コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報恩 ホウオン

3件 の用語解説(報恩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐おん【報恩】

恩にむくいること。恩返し。
仏・祖師などの恩に感じて仏事・布施などを行うこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

報恩 ほうおん

?-795 奈良時代の僧。
吉野山にはいって修行をつみ,孝謙天皇,桓武(かんむ)天皇の病気を祈祷(きとう)によってなおしたという。天平宝字(てんぴょうほうじ)4年大和(奈良県)に子島寺をひらいた。延暦(えんりゃく)14年6月28日死去。備前(岡山県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうおん【報恩】

恩にむくいること。恩がえし。
特に、仏・祖師などの恩にむくいるために法事などを行うこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

報恩の関連情報