報恩(読み)ホウオン

大辞林 第三版の解説

ほうおん【報恩】

恩にむくいること。恩がえし。
特に、仏・祖師などの恩にむくいるために法事などを行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐おん【報恩】

〘名〙
① 恩に報いること。恩がえし。
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遣告「遺弟知之、若有報恩之志者、必可修講説論義、不可行他善」
※太平記(14C後)二二「誠に心無き禽獣も報恩(ホウヲン)酬徳の心有にや」 〔後漢書‐呉良伝〕
② 仏・祖師・親などの恩に報いるために、法事・布施・礼拝などをすること。
※霊異記(810‐824)下「七々日を逕て、斎食を為し、報恩すること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報恩の関連情報