コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松竹梅文 しょうちくばいもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松竹梅文
しょうちくばいもん

松と竹と梅とを取合せて表現した文様。中国,唐時代に歳寒三友として画題に取上げられ,君子士大夫の高い節操にたとえられた。それが日本にも慶賀の画題として取入れられ,特に松の常磐,竹の節操,梅の凛烈 (りんれつ) という性格づけから,江戸時代の武士階級の思想と結びつき,器物,調度,染織品などの日常品に用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

松竹梅文の関連キーワード歳寒三友

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android