コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三友 さんゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三友
さんゆう

歳寒三友,三清ともいう。東洋画画題松竹梅のこと。松竹梅が厳冬の風雪や寒冷に耐えて色を変えず,華美ではなく気品の高い清澄な趣をもつことから,士大夫,文人,僧などは,自然におけるみずからの姿を反映するものと考え,好んで描いた。文人画が盛行した中国で北宋末から画題として扱われ,水墨で描かれてやがて文人画の伝統となった。三友から松を除き,らんと菊を加えたものを四君子と称する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ゆう〔‐イウ〕【三友】

3種類の友人。交わって利益を受ける三益友。また、損をする三損友。
東洋画の画題の一。を描くもの。→歳寒三友
白居易「北窓三友詩」から》琴と酒と詩。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

三友(さんとも)

東京都千代田区にある日本料理店。1928年創業。ふぐ料理の老舗

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんゆう【三友】

〔論語 季氏〕 三益友と三損友。
松・竹・梅。歳寒の三友。
〔白居易の詩「北窓三友」より〕 詩・琴・酒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三友の言及

【タケ(竹)】より

…唐画では,梅,蘭,菊とともに〈四君子〉と称され,気品ある植物としてしばしば画材とされてきた。また,冬の寒さに屈しない植物として,松,梅とともに〈歳寒三友〉に数えられる。一説には,山水,琴酒,松竹を〈三友〉と称し,退廃した世に友とするものとして,その気品がめでられている。…

※「三友」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三友の関連キーワード笑福亭 松鶴(3代目)笑福亭 松鶴(4代目)笑福亭 福松(初代)吉慶堂 李彩(初代)桂 小文治(2代目)桂 梅団治(初代)桂 文都(4代目)桂 万光(3代目)桂 文都(3代目)桂 米喬(2代目)桂三木助(2代)三升家 紋右衛門東京都千代田区松竹梅(美術)桂文治(7代)金泉 丑太郎静間 小次郎笑福亭 松光千歳家 今次星野 靖之助

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三友の関連情報