節操(読み)せっそう

精選版 日本国語大辞典「節操」の解説

せっ‐そう ‥サウ【節操】

〘名〙 節義をかたく守って、かえないこと。主義・意見・考えなどを堅固に保持すること。みさお。
※家伝(760頃)下「爵位雖尊、節愈謙、分家所有、収贍貧孤、散糸綿等、常施三宝」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「我党の政敵たる川尻伯の娘を貰うのは節操を売るやうなもので」 〔後漢書‐趙熹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「節操」の解説

せっ‐そう〔‐サウ〕【節操】

節義を堅く守って変えないこと。自分の信じる主義・主張などを守りとおすこと。みさお。「節操を貫く」「節操がない」
[類語]忠節二心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「節操」の解説

【節操】せつそう(さう)

節義を守る。〔韓非子、五蠹〕の劍を帶ぶる)は、徒屬を聚めて操を立て、以て其の名を顯はし、五官の禁を犯す。

字通「節」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android