松菊なお存す(読み)しょうきくなおそんす

精選版 日本国語大辞典「松菊なお存す」の解説

しょうきく【松菊】 なお存(そん)

(「陶潜‐帰去来辞」の「三径就荒、猶存」から) 隠者の住居の庭は荒れても、松と菊とはまだ存在している。転じて、隠遁(いんとん)生活にも昔の知己があること、また、乱世にも節操の高い志士があることのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android