コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝弼 いたくら かつすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝弼 いたくら-かつすけ

1846-1896 明治時代の大名,華族。
弘化(こうか)3年5月6日生まれ。板倉勝晙(かつあき)の弟勝喬の4男。備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩(のち高梁(たかはし)藩と改称)藩主板倉家8代。先代勝静(かつきよ)の新政府敵対行動によって朝敵とされ,岡山藩の占領下にあったが,明治2年,3万石減の2万石で家名相続がゆるされた。17年子爵。明治29年10月21日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板倉勝弼の関連キーワード板倉勝宣明治時代弘化華族

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android