コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝弼 いたくら かつすけ

1件 の用語解説(板倉勝弼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝弼 いたくら-かつすけ

1846-1896 明治時代の大名,華族。
弘化(こうか)3年5月6日生まれ。板倉勝晙(かつあき)の弟勝喬の4男。備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩(のち高梁(たかはし)藩と改称)藩主板倉家8代。先代勝静(かつきよ)の新政府敵対行動によって朝敵とされ,岡山藩の占領下にあったが,明治2年,3万石減の2万石で家名相続がゆるされた。17年子爵。明治29年10月21日死去。51歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板倉勝弼の関連キーワード深刻小説ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇新聞小説立憲改進党光の科学史たけくらべ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone