コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇太神宮儀式帳 コウタイジングウギシキチョウ

2件 の用語解説(皇太神宮儀式帳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうたいじんぐうぎしきちょう〔クワウタイジングウギシキチヤウ〕【皇太神宮儀式帳】

皇大神宮の行事・儀式など23か条を記した文書。延暦23年(804)宮司大中臣真継・禰宜荒木田公成・大内人磯部小紲らが神祇官に提出したもの。「止由気宮(とゆけぐう)儀式帳」と併せて「伊勢大神宮儀式帳」「延暦儀式帳」ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇太神宮儀式帳
こうたいじんぐうぎしきちょう

804年(延暦23)8月28日に皇太神宮の宮司大中臣真継(おおなかとみのまつぐ)らが所轄官庁である神祇(じんぎ)官に提出した解文(げぶみ)(報告書)。内容は全23か条からなり、皇太神宮の年中行事の大綱、神々鎮座の伝承、宮域および殿舎の構造・様式、装束(しょうぞく)神宝の細目、禰宜(ねぎ)・神官の職掌、神郡・神戸(かんべ)・神田の管理経営など詳細にわたる。同年提出された「止由気宮(とゆけぐう)儀式帳」とともに、あわせて「伊勢(いせ)大神宮儀式」「延暦(えんりゃく)儀式」と称される。『群書類従』所収。なお注釈書に荒木田経雅(あらきだつねただ)著『大神宮儀式解』『大神宮儀式帳頭註』などがある。[矢野建一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇太神宮儀式帳の関連キーワード皇大神宮豊受大神宮皇大神神宮大麻天照皇大神宮内宮二所大神宮朝日宮荒祭の宮大神宮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone