コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板垣征四郎 いたがき せいしろう

美術人名辞典の解説

板垣征四郎

陸軍軍人。岩手県生。陸軍士官学校陸軍大学校卒。少尉で日露戦争に参加し、のち満州事変をおこした。第1次近衛内閣で陸相となり、支那派遣軍参謀長・陸軍大将・朝鮮軍司令官等を歴任し、各々の戦争に指導的役割を演じた。昭和23年(1948)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

板垣征四郎【いたがきせいしろう】

陸軍大将。岩手県出身。1929年以降関東軍高級参謀として石原莞爾(かんじ)らとともに満州事変満州国創設の主謀者に名を連ね,事変後の戦争拡大の責任者の一人。1936年関東軍総参謀長となり,華北分離工作を推進。
→関連項目行地社柳条湖事件

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板垣征四郎 いたがき-せいしろう

1885-1948 明治-昭和時代前期の軍人。
明治18年1月21日生まれ。昭和4年関東軍高級参謀となり,6年石原莞爾(かんじ)とともに満州事変をおこし,満州国を成立させた。のち満州国軍政部最高顧問,関東軍総参謀長。13年陸相,16年陸軍大将。昭和23年12月23日A級戦犯として刑死。64歳。岩手県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いたがきせいしろう【板垣征四郎】

1885‐1948(明治18‐昭和23)
昭和期の陸軍軍人。岩手県生れ。陸軍士官学校卒(16期)。少尉で日露戦争に参戦,歩兵第47連隊長,参謀本部支那課勤務などを経て1929年以後関東軍高級参謀として石原莞爾らとともに満州事変,満州国創設の主謀者の一人となり,満州国執政顧問,同軍政部最高顧問などを歴任。36年関東軍総参謀長となり,満州国に隣接する華北五省(河北,山東,山西,チャハル,綏遠)を日本支配下におく,いわゆる華北工作,同じく内蒙工作などを推進した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いたがきせいしろう【板垣征四郎】

1885~1948) 軍人。陸軍大将。岩手県生まれ。関東軍高級参謀として石原莞爾かんじとともに満州事変・満州国建国を画策。満州国執政顧問・同軍政部最高顧問・関東軍総参謀長・陸相などを歴任。戦後 A 級戦犯として絞首刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板垣征四郎
いたがきせいしろう

[生]1885.1.21. 岩手
[没]1948.12.23. 東京
陸軍大将。仙台地方幼年学校を経て,1903年陸軍中央幼年学校卒業。翌年日露戦争に小隊長として出征。 16年陸軍大学校卒業後中国に勤務。第1次世界大戦中の作戦では 19年中支那派遣隊参謀として活躍 (石原莞爾と同時勤務) 。 29年関東軍高級参謀となり,作戦主任参謀石原中佐とともに満州事変の演出者となった。 36年関東軍参謀長。次いで日中戦争勃発後の 38年第1次近衛文麿内閣の改造で入閣し陸相となった。また 39年支那派遣軍総参謀長として中国本土に展開した日本軍の作戦上の責任者となった。 41年朝鮮軍司令官。 45年第 17方面軍司令官,第7方面軍司令官。 48年A級戦犯として刑死。伝記刊行会編『秘録板垣征四郎』 (1972) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板垣征四郎
いたがきせいしろう
(1885―1948)

陸軍軍人(大将)、陸軍大臣。明治18年1月21日岩手県に生まれる。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。参謀本部員のあと北京(ペキン)公使館付陸軍武官本庄繁(ほんじょうしげる)の補佐官となる。本庄が関東軍司令官になるとその下で高級参謀、奉天(ほうてん)特務機関長に就任し、作戦参謀石原莞爾(いしわらかんじ)とともに1931年(昭和6)満州事変を引き起こし、「満州国」創設後は満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長、師団長を歴任した。この間、「満州国」を「五族協和」「王道楽土」にすると主張し、満州拓殖株式会社を設立して、20年間に100万戸、500万人という移民計画を推進し、これを「日本民族の大陸移動」と名づけた。1938年(昭和13)5月、第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の改造で陸相として入閣、国家総動員法の追加発動、満州産業五か年計画の実施に努め、平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣にも留任して、汪兆銘(おうちょうめい)政権工作を推進し、三国同盟問題で強硬態度を示した。のち朝鮮軍司令官、第七方面軍司令官となる。極東国際軍事裁判でA級戦犯として、1948年(昭和23)12月23日絞首刑に処せられた。[佐々木隆爾]
『『秘録 板垣征四郎』(1967・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の板垣征四郎の言及

【行地社】より

…講演会や出版活動を通して小学校教員や学生などへの働きかけも行われたが,活動の力点は,大川の古くからの人脈を利用して陸軍中央,とりわけ参謀本部の中堅将校への働きかけにおかれた。この結果,板垣征四郎,橋本欣五郎,花谷正らが講演や寄稿の形で参加したり,多くの青年将校が《日本》の読者となるなど,陸軍内に一定の思想的影響力をもつことができた。31年の全日本愛国者共同闘争協議会の結成に狩野が積極的な役割を果たしたりしたが,32年大川が神武会を新たに結成したのに伴い解消した。…

【満州国】より

…1928年の張作霖爆殺事件は武力による満蒙占領を企てた軍人の陰謀であった。その後関東軍は板垣征四郎,石原莞爾(かんじ)両参謀を中心に満蒙領有計画を練り上げ,31年9月謀略によって満州侵略を開始した。軍中央部は直ちに関東軍の行動を追認したが,満蒙領有案には反対したため,関東軍は満州建国に方針を転換した。…

※「板垣征四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

板垣征四郎の関連キーワード平沼騏一郎内閣作戦要務令張鼓峰事件上海事変平沼内閣東条英機板垣政参保定会戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板垣征四郎の関連情報