板挟(読み)いたばさみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 二枚の板の間にはさまること。
※夢の女(1903)〈永井荷風〉三「云はば左右から自分の身を板挟みにする様な堪難い心持」
② 対立する二者の間にはさまって自分の態度を決しかね、迷い悩むこと。いたばさまり。
※雑俳・柳多留‐一二八(1833)「板ばさみ上下講の大一座」
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一〇「恩と威権の板(イタ)ばさみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板挟の関連情報