板の間(読み)イタノマ

世界大百科事典 第2版の解説

床が板張り部屋。日本の住宅は古い時代は,すべての部屋が板の間で,人が座ったり寝たりする個所にのみ,円座を敷いた。平安時代寝殿造はそのような形式であり,中世以降に畳を敷きつめにする部屋が増えていった。農家では,最近まで,台所廊下のほか,居間や寝室も板の間で,その一部分にのみ,むしろ,円座,畳を敷いた。しかしこの板の間も,古い時代には,板を作るためののこぎり(大鋸(おが))が発達しなかったために高価なもので,代りに,竹を編んだ簀の子(すのこ)のや,土間カヤ()などを敷いた床が用いられ,これらは,明治時代以降も,山村や離島の農家で使われていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

建物の中で床を板敷にした部屋。
銭湯で衣服を脱いだり着たりする板敷の場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板の間の関連情報