コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板の間 イタノマ

3件 の用語解説(板の間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いた‐の‐ま【板の間】

板敷きの部屋。板敷きの所。
銭湯・温泉場の脱衣場。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いたのま【板の間】

床が板張りの部屋。日本の住宅は古い時代は,すべての部屋が板の間で,人が座ったり寝たりする個所にのみ,円座や畳を敷いた。平安時代寝殿造はそのような形式であり,中世以降に畳を敷きつめにする部屋が増えていった。農家では,最近まで,台所や廊下のほか,居間や寝室も板の間で,その一部分にのみ,むしろ,円座,畳を敷いた。しかしこの板の間も,古い時代には,板を作るためののこぎり(大鋸(おが))が発達しなかったために高価なもので,代りに,竹を編んだ簀の子(すのこ)の床や,土間にカヤ(茅)などを敷いた床が用いられ,これらは,明治時代以降も,山村や離島の農家で使われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いたのま【板の間】

建物の中で床を板敷にした部屋。
銭湯で衣服を脱いだり着たりする板敷の場所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板の間の関連情報