コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板谷鉱山 いたやこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板谷鉱山
いたやこうざん

山形県米沢市板谷にあるジークライト化学鉱業のゼオライト (→沸石 ) 鉱山。吾妻連峰の東端に位置し,北西の丘陵一帯は厚い白色凝灰岩により構成され,ここに存在する鉱体はカオリナイト,セリサイトを主成分とする塊状鉱床。ゼオライトはクリノプテイロライトが主成分で,これに少量のモルデイナイトが混在している。鉱体は東西約 2500m,南北約 300m,厚さ 250m,埋蔵量は工場付近で約 4500万t,全地域ではその数倍の見込み。 1941年から出鉱し,初めは坑内掘りであったが 63年から露天掘りに改め階段採掘法で採掘している。採掘した原石は乾燥,粉砕,分級,袋詰の工程を経て製品とし,製紙用 (塗被紙用,填料用) ,農薬,塗料,顔料,ゴム製品,医薬品,プラスチックなどの充填剤,洗剤,土壌改良剤などに用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android