コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林助 りんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林助 りんすけ

?-1863 幕末の町役人。
京都所司代などによる探索に協力的であったとして尊攘(そんじょう)派の恨みをかい,文久3年1月14日京都の自宅で暗殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

林助

没年:文久3.1.14(1863.3.3)
生年:生年不詳
幕末の京都の町役人。文久3(1863)年,尊攘派志士約20名が大宮通御池上ルにあった町役人長屋を襲撃したときに,逃げ遅れて殺害された。安政の大獄への報復に始まった尊攘派による暗殺対象は,ここに広く反対派にまでおよぶに至った。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

林助の関連キーワード小那覇 舞天京都所司代田島直之長浜縮緬里 国隆

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林助の関連情報