コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町役人 まちやくにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町役人
まちやくにん

江戸時代,幕府,諸藩の町奉行の支配下で町政運営にあたった役人。身分的には町人で,江戸では町年寄町名主月行事,家持,家主,大坂では惣年寄,町年寄,町代,京都では雑色,見坐,中坐,町代などと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

町役人【ちょうやくにん】

町役人(まちやくにん)

町役人【まちやくにん】

〈ちょうやくにん〉とも読む。江戸時代,幕府領・藩領の町方において,町の行政事務に従事した役人の総称で,身分は町人であった。幕府や藩によって任用された町奉行の支配下にあり,その構成や名称は町によって異なる。
→関連項目福知山町会所

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちやくにん【町役人】

江戸時代,城下町などで町の行政事務に従事する役人の総称。町役人の身分は町人であるが,その管轄範囲や事務の内容によって区別された。まず町全体(総町)を支配する町役人として,江戸の町年寄,大坂の総年寄のような役職がある。彼らは町の筆頭町人として,町奉行のもとで触の伝達をはじめ多様な総町の行政事務に従事し,同時に町の運営に関する各種の諮問・答申も行っている。複数であることが多く,実務の分担や月番交代で業務を行う場合もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうやくにん【町役人】

まちやくにん【町役人】

江戸・大坂・伏見など幕府直轄の諸都市において、町奉行の指揮を受けつつ民政に携わった町人身分の役人の総称。総年寄(大坂)・町年寄(江戸)から家持いえもち・家主まで上意下達の関係がつくられ、その職制や呼称は都市によって異なった。町役。ちょうやくにん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

町役人の関連キーワード町役人(ちょうやくにん)高木作右衛門(11代)高木作右衛門(13代)高木作右衛門(10代)高木作右衛門(9代)高島四郎兵衛(初代)高木作右衛門(4代)高木作右衛門(7代)高木作右衛門(5代)高木作右衛門(3代)高木作右衛門(8代)高島四郎兵衛(3代)高島四郎兵衛(4代)高島四郎兵衛(2代)高木作太夫江戸町年寄江戸町名主高木健三郎駆込み訴え上意下達

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町役人の関連情報