コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林古渓 はやし こけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林古渓 はやし-こけい

1875-1947 明治-昭和時代の歌人,国漢文学者。
明治8年7月15日生まれ。林大(おおき)の父。京北中学にながくつとめ,昭和8年立正大教授となる。詩誌「漢詩」を編集し,歌誌「わがうた」を主宰。唱歌浜辺の歌」の作詞者。昭和22年2月20日死去。73歳。東京出身。哲学館(現東洋大)卒。本名は竹次郎。著作に「万葉集外来文学考」,歌集に「わがうた千首」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林古渓の関連キーワード昭和時代成田為三歌人浜辺明治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林古渓の関連情報